「お客様の声」載せてますか?

本日も「ネット集客だけで、毎月50人以上の

新規客を集め続ける方法」をお読みいただき、

誠にありがとうございます。

img_0154

さいとうです。

 

さて今回は、
「お客様の声」についてのお話しです。

IMG_0305

あなたの事を直接知らない人にとって、
あなたの商品を買うこと
あなたのサービスを受けることは、

とてもハードルの高いことなんですよね。

 

お客さんは、あなたの言うことは
信じません。

だって、知らない人だから。

どんなにキャッチコピーを工夫しても
どんなに分かりやすいメリットを提示しても

お客さんは、それら全てを
ウソだと思っています。

だって、知らない人だから。

 

IMG_0188

そんなこと言ったら、ネット集客なんて
出来っこないじゃない!

そうあなたは思うかもしれません。

 

そうです。ある事をしなければ、
ネット集客は、そもそも不可能なことなんです。

しかし、そのある事をすることによって、

お客さんは、
会ったことも無いあなたの言うことを
急に信じるようになるのです。

 

もうお分かりですね。

その、あることというのは

「お客様の声」を掲載することです。

 

え?それだってサクラと思われる?
そうです。

3、4件のお客様の声を、
イニシャルやニックネームで、
活字で入力されている程度なら

サクラと判断されても仕方ありません。

IMG_0304

 

じゃあ、どうすれば良いのでしょうか?

 

まずは、大量に掲載することです。

IMG_0292

サクラじゃあ追いつかないほどの量を
掲載すれば、信憑性は高くなります。

最低でも20〜30件は欲しいところです。

 

次に、実名で掲載すること。
可能であれば、顔写真付きが理想です。

IMG_0275

 

さらに、手書きの文章を
そのまま掲載すること。

お客さんに書いていただいた文章を、
そのまま写真に撮るか、
スキャニングして、
画像データとして掲載するのです。

IMG_0289

もちろん、許可は取って下さいね。

いかがでしょう?

ここまでやって、サクラだと思う人は
ほぼいないハズです。

この、「お客様の声」のページが
しっかり作られているのといないのとでは、
集客に歴然とした差が出ます。

 

ぜひ頑張って「お客様の声」
集めて下さいね。

 

今日はここまでです。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

広告

新規客を集めなくても、売り上げを作るブログ活用法

本日も、パソコンが苦手な飲食店オーナーのための

ネット集客法をご覧いただき、

誠にありがとうございます。

img_0154

さいとうです。

 

今日は、ブログを始めたは良いけど
集客どころか、アクセスすら増えない、
とお悩みの方に、

手っ取り早くブログから売り上げを作る方法
をお伝えしたいと思います。

IMG_0272

おそらくブログ、すなわちネット集客は
「新規客」を集めるためのツールという
イメージがあると思います。

もちろんそれは正しいです。

しかし、ブログを立ち上げたばかりで、
記事数もアクセスも少ない状態では、
なかなか新規客など確保できません。

毎月お金はかかるし、
あまり長い間結果が出ないと、
モチベーションも下がります。

なのでまず、既存客から攻めましょう!

・新規を集める前に既存客

飲食に限らず、集客の基本は、
リピーターを増やすことです。

全くあなたの事を知らない人に
来店してもらうより、
一度でもご来店いただいたお客さんに
再来店してもらう方が、
断然カンタンですよね。

そこで、分かる範囲の既存客に
あなたのホームページのURLを貼り付けて、
メールを送ります。

本文は以下の通りです。

「いつもご愛顧いただき、
誠にありがとうございます。
この度、ホームページを立ち上げました。
これからドンドン更新して、
お役立ち情報や、限定イベント情報など
発信していきたいと思います。
毎週1回はチェックしてみて下さいね。」

これだけでも反応はあるはずですが、
実際に「ホームページ限定キャンペーン」を
打ってみましょう。

ブログ記事でのみ、キャンペーンを告知します。

キャンペーンの内容は、経費がかからず、
でもお客さんにとって魅力的なものにして下さいね。

で、合言葉を「ブログ見ました」にすればOK。

メールアドレスが分からないお客さんには
ハガキが有効です。

ただしその場合、URLを書いてもムダです。

長ったらしい記号や英数字を入力するのは、
メンドくさいのです。

ハガキには、QRコードを印刷しておくことを
オススメします。

 

いかがですか?
新規客を集めなくても、
ブログから売り上げを作ることは可能なんです。

ぜひ、やってみてください。

 

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

あなたのブログ、ズレていませんか?

本日も、「小さは飲食店がネット集客だけで

毎月50人以上の新規客を、集め続ける方法」

をご覧いただき、ありがとうございます。

img_0154

さいとうです。

ブログ書いてますか?

この頃、少しづつですが書き始めました
というお声をいただき始めています。

とても嬉しいですね♪

ぜひ続けていただきたいのですが、
ここで確認させて下さい。

・あなたのブログ、誰のために書いてますか?

・どんな悩みを解決する内容ですか?

つまり、ブログのテーマですね。

これがキチンと設定されていないと、
あなたはどれだけブログを書いても、
一生集客できないでしょう。

IMG_0188

もしすでに、
あなたがブログを書き始めていて、

①独自ドメインやSEO対策などできている
②長すぎない文章、改行などの見た目も
気をつけている

にもかかわらず、集客できていないのなら
テーマがズレているのかも知れません。

上記の質問に戻ります。

・あなたのブログ、誰のために書いていますか?

いわゆるペルソナといわれるものです。

ありがちなのが、「絞りきれてない」。

どのくらい絞り込まなきゃいけないのか?

たった1人です!

なぜたった1人にまで絞らなきゃならないか?

そうしなければ、あなたのメッセージが
届かないからです!

その人の悩みが何なのか、
決められないからです!

30代の働く女性が、みんな同じ
悩みを抱えていますか?

違いますよね。

じゃあ、あなたのお客さんは誰ですか?

IMG_0275

次にありがちなのが「空想で作り上げる」。

リサーチをしていない、ということです。

頭の中だけで完結させてはダメです。

だからズレてしまうんです。

ちゃんと現実で調べましょう。

実際のお客さんに質問するのが一番ですが、
フェイスブックなどでアンケートを取るのも
有効です。

あなたのペルソナとペルソナの悩みが
ズレていないか、判別する方法を
お伝えします。

例えば、ペルソナの年齢・性別を検索欄に
入力してみて下さい。
そこに検索候補が表示されます。

試しにどれかクリックしてみて下さい。

関連記事が山ほど出て来ます。

では、年齢・性別の後、
あなたの設定した悩みを入力したらどうでしょう?

実は、何も出てこないってことは
ほぼありません。

何かしら出てくるのですが、その検索結果と
あなたのペルソナが、果たして一致する
でしょうか?

内容がバラバラの記事が並んでいたら
間違いありません。

ズレています。

早急に改善が必要です。

 

あなたのブログが、見当違いなままに

ならないよう、一度お試し下さいね。

 

それでは今日はこの辺で。

本日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

あなたのブログ、見た目で損してませんか?【2】

本日も「小さな飲食店が、ネット集客だけで

毎月50人の新規客を集め続ける方法」を

ご覧いただき、ありがとうございます。

 

img_0154

さいとうです。

前回に引き続き、ブログの見た目
についてお話ししたいと思います。

前回は、改行の無い、文字でビッシリの
文章は読みづらい、というお話でした。

実際ネットというのは、簡単に多くの
ページを見ることができる反面、
離脱すなわちページを閉じられる率も、
非常に高い媒体です。

チョット読みづらいだけで、すぐに×印を
押されてしまう。。。

せっかく良い内容を書いているのに、
それじゃもったいないですよね。

文字ビッシリ以外にも、内容に関係無く
離脱の原因になっていることがあります。

1つづつ見ていきましょう。

IMG_0271

①漢字。

実は、あまり難しい漢字を使うより、
ひらがな・カタカナを使用したほうが、
反応が良いという、データがあります。

例えば、「鮪」と書くより
「マグロ」と書くほうが、
読んでもらいやすい。

もちろん、あまりひらがなばかりでは
ブログ全体が幼稚に見えてしまうので、
読みやすい漢字は、使ったほうが良い
でしょう。

 

②句読点。

句読点って、読むときのリズムを
作ってくれますよね。

多すぎても、少なすぎても、
読みづらいモノです。

やり方としては、

主語の後、

接続詞の後、

並列関係の語句の間、

1つの文章に複数の主語・述語が
存在する重文・複文の間、

などに打ちましょう。

 
③むやみな倒置法。

おそらく、勢いで書いているの
でしょうが、
読んでる人には、どれが主語なのか
分からなくなってしまうことが、
多々あります。

あまり安易に使うべきではありません。

 
④必要以上に攻撃的

問題解決型のブログにありがちです。

多少あおる目的があるのかもしれませんが、
無用な感情の逆なでを引き起こしかねません。

人によっては、自信の無さ、気の弱さを
必死になって隠そうとしている印象すら
感じることがあります。

説得力を失っては、本末転倒ですよね。

文章の中に「!」を連続して使っている方は
注意してみて下さい。

 
代表的なのは、以上の4点です。

とはいえ、書いている本人は、
なかなか気づき辛いもの。

解決法としてオススメなのは、
一度書いた文章を、公開する前に、
人に読んでもらうことです。

出来れば、あなたのお客さんが良いのですが、
ご家族やお友達でも構いません。

内容の感想より、読みやすいかどうか、
だけを聞いてみて下さい。

読みやすい文章は、必ず身につけることが
出来ます。

少しづつでも、気をつけてみて下さい。

本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

あなたのブログ、見た目で損をしていませんか?

本日も「小さな飲食店が、ネットから

毎月50人以上新規集客し続け、

売り上げをV字回復する方法」に

お越しいただき、誠にありがとうございます。

さいとうです。

img_0154

私は仕事柄、いろんな方のブログを拝見する
機会が多いのですが、最近あることに気付きました。

あるブログは、サラサラ読めて内容も分かりやすい。

しかし別のブログは、見るからに難関で、
ボリュームたっぷり。

良い内容なんでしょうが、なんだか全然
読む気になれない。

この差はいったい、どこから来るのでしょうか?

まず考えていただきたいのが、文書全体の
「見た目」です。

論より証拠、下の文章を見て下さい。

例えば極端な例を挙げますと、こんな風に連続して文章を繋げてしまい長文になってしまっているブログを見かけることがあります。おそらく伝えたいことが次から次へと止め処なく出て来てしまい、区切るってことが出来ずに長ったらしい文章になってしまったのでしょう。書いてる方は、なんだか大作書いてる気がして満足かもしれませんが、あなたのことをそんなに知らない人にとって、ネットという媒体の持つ簡易性と真逆の文章に見えてしまいます。

どうですか?

この程度の文章でも、読むの「メンドくさっ」

って思いませんでした?

IMG_0269

なぜそう思うのでしょうか?

 

改行が無いから?

一文が長すぎるから?

漢字が多いから?

 

だいたいそんなところでしょうね。

真面目に書くから、難しく書かなきゃいけない

ってことはありません。

 

むしろ、ビジネスにブログを使うのであれば、

読み手の気持ちを考えられない

=お客さんの要望に応えられない

と、受け取られても仕方ありません。

 

一般的には、

一行は20文字程度で

多くとも4行続いたら改行すべき

だと言われています。

 

一行20文字というのは、携帯でも読みやすい

ように言われていることです。

必然的に、一文が短くなりがちですね。

 

でもそれで良いのです。

 

言い方は悪いかもしれませんが、

ギュウギュウの文章よりも

スカスカなぐらいの方が、

読んでもらいやすいのです。

 

たったこれだけのことで、あなたのブログの

平均滞在時間が延び、検索順位が上がるとしたら

あなた、どうしますか?

 

本日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

ホームページを作るときに、決して外せない3つの機能【3】

おはようございます!
さいとうです。

img_0154

ホームページを作るときに、
決して外せない3つの機能について
お話ししています。

3つの機能が何かっていうのは
よろしいですね?

独自ドメイン
SNS連動
SEO対策

以上の3つです。

今日はその3回目。
SEO対策についてのお話です。

まず「SEO」の意味は分かりますか?

「SEO」とは、
”Search Engine Optimization” の略であり、
検索エンジン最適化を意味する言葉です。

検索結果で、あなたのサイトがより多く
露出されるために行う一連の取り組みのこと
を指します。

いくらブログ記事を重ねても、
お客さんが検索かけてくれた時、
検索結果の上位に表示されなければ、
まず見つけてもらえません。

見つけてもらえなければ、
あなたのホームページは、
存在しないのと同じことなんです。

つまり、あなたのホームページを
あなたの情報を、お客さんに届けるためには
絶対にやっておかなければならない施策なのです。

ここまではよろしいでしょうか?

IT企業の中には、SEO対策だけを業務とする

部署が存在するところもあるくらい。

SEO対策の重要性は、ご理解いただけたかと思います。

IMG_0192

じゃあ、具体的に何をすれば良いのか?

以前のSEO対策は、うわべのテクニックによって、

システムの穴を突くように、検索順位が上がる方法が

存在したようですが、今、そんな手法は逆効果です。

 

これからあなたが取り組むべきSEOは、

まずブログを通じて有益なコンテンツを配信し、

色々な外部サイトで言及、紹介されるよう努力して

外部リンクを集めること。

 

あなたのお客さんにとって高い価値を提供できる

サイト運営をしていくことなのです。

 

また、現時点での検索エンジンの技術的制約を理解し、

高めたサイトの価値を正しく検索エンジンに

認識されるための工夫も必要です。

 

いかがだったでしょうか?

ホームページを作るときに、決して外せない3つの機能。

独自ドメイン

SNS連動

SEO対策

分かっていただけたでしょうか?

まだ、おぼろげな状態ですかね。

 

実際これらの対策は、手間もかかります。

専門の知識も必要です。

 

正直、あなたが経営者なら、

他に重要な仕事が山ほどあるはず。

 

ブログ記事を書くときのテーマ決めや、

役立つ内容にすること、

などは気を使っていただきたいですが、

それ以外は、あなたの仕事ではありませんよね。

 

ここまで説明しといてなんですが、

この3つの機能は、制作業者にやってもらって下さい。

 

あなたは、中身を理解しておいていただけば十分です。

 

ということで、本日はここまで!

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

ホームページを作るときに、外しちゃいけない3つの機能【2】

本日も「小さなお店の売り上げ回復法!ネット集客編」を

ご覧いただきありがとうございます。

さいとうです。

img_0154

昨日から、ホームページを作るときに
決して外せない3つの機能のお話をしています。

昨日は「独自ドメイン」についてでしたね。

理解していただけましたか?
さて今日は「SNS連動」について、お話しします。

SNSとは、
ソーシャル・ネットワーキング・サービス
の略で、代表的なのはfacebook。

基本的には、人と人とをつなぎ
コミュニケーションを楽しむための
メディアです。

一方、あなたが今取りかかっている
ホームページ(ブログ)は、一方的に
情報発信するメディアです。
両者の違いはご理解いただけましたか?

 

ではなぜ、あなたがホームページを作るときに

この両者を連動させなければいけないのでしょうか?

IMG_0272

ズバリ申し上げますと、

アクセスを増やすために、必要なんです!

 

IMG_0291

なんで両者を連動させたら、

アクセスが増えるのでしょうか?

 

繰り返しになりますが、ブログとは

情報発信ありきのメディアで、

情報量も多い性質があります。

不特定多数の人に、十分な量の情報を、

広く発信することができるメディアと言えます。

 

対してSNSは、基本的には知り合いや

友達とのつながりを持ち

会話に近いコミュニケーションが特徴です。

 

ブログはストック型メディア、

SNSはフロー型メディアと言われています。

 

SNSで投稿した記事は、時間の経過と共に

フィードの下へ下へと流れて行き、

いつかその記事はフィード上から

姿を消してしまいます。

 

また、投稿した記事へ検索エンジンから

アクセスすることは、ほぼできません。

 

 

ところが、ブログに投稿した記事は、

Web上にずっと残り続けます。

つまり記事がストックされ続けるのですね。

 

そして、検索エンジンにもヒットするため、

仮に1年前、2年前に書いた記事であっても、

需要のある記事であれば、

何度も読み返されることがあります。

 

このように、過去の記事が生き残る

ということは、記事の数を積み重ねる程、

それは資産となっていくわけです。

 

一方、SNSは一瞬の拡散力が特徴です。

『シェア』『リツイート』といった

SNS独自の機能によって、友達の友達へ、

フォロワーのフォロワーへ…と、

次々にねずみ算式に拡散していくわけです。

 

資産として積み重なってはいるけど

検索してもらえなければ見つからない

ブログの存在や記事内容を、

SNSで拡散できれば、どうなりますか?

 

ブログが単体で存在するより

はるかに多くのアクセスを集めることが

期待できます。

 

だったら最初から、ブログが更新されるたびに

SNSで表示されるように設定すべきでは

ありませんか?

 

。。。というより、

あなたの競合他社は当然やっていると

仮定できますよね?

 

ならば、あなたも当たり前に設定しておかなければ、

検索された時も、上位に表示されなくなっていきます。

 

それではアクセスが集まりません。

 

つまりSNS連動は「SEO対策」も兼ねているのです。

 

「SEO対策」については、次回詳しくお話しします。

 

今回も、最後までお読みいただきありがとうございました。